読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和元禄落語心中(10)
 志ん生、馬生ときても志ん朝はないのかあ。

 

 イコライザー
 興味はなかったが「バーナード嬢曰く。」でちよこつと言及されてゐたので觀た。
 主人公の體技はなかなかよいし、スリルを高めるためにいたづらに主人公をピンチにしないのも好ましい。
 まあ主人公のやつたことは滅茶苦茶だし、あの店は商品が水浸しで大損だらう。