「涼宮ハルヒの消失」(谷川流)

 うーん、おもしろくなくもない。薄味なのはたしかで、このアイディアなら中篇にするのが適当でしょう。シリーズの流れからは異質な話だが、それはべつにわるくない。