チェコ対ガーナ、わからんものだ。いや、わかっていたつもりもなかったけれど。つけいる隙もないと思われたチェコが、イタリアに敗れたガーナにほぼ完敗。実況解説はコレルの不在をしきりに問題にしていたが、それだけでこんな風になってしまうのか。
 イタリア対アメリカ、まったくわからんもんで、そのガーナに勝ったイタリアに合衆国がここまでねばる。こちらの試合は荒れてしまったのでこの展開もいたしかたないのかもしれない。荒れたというか、審判が荒らしたような気もする。とまれ、これでチェコ対イタリアは注目のカードとなりましたね。
 日本対クロアチア、まあ実力相応の結果か。クロアチアのいわゆる決定力不足にもたすけられた。中田選手があんなにバテてたのを見るのははじめて。