「物情騒然。 人生は五十一から(4)」(小林信彦)

 あまり期待していなかったが面白かった。もっとも、このひとの政治談義なぞ読みたくはないのであって、エンタテインメント関聯にしぼってほしい。