読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マッドマックス サンダードーム
 「怒りのデス・ロード」がおもしろかつたので觀る。一作目二作目は觀てある。
 あまりに雰囲氣がちがふのでとまどつた。これはもうひとりの監督の影響なのだらうか。たくさんの自動車に追はれるといふモチーフは共通してゐるけれども。
 「怒りのデス・ロード」を觀たあともマックスはやはりメル・ギブソンだと思つてゐたが、これを觀るとどうでもよくなるな。
 ラストの獻辞がバイロンにむけられてゐたのでふしぎに感じた。バイロン卿のことかと思つたからで、じつは一作目二作目のプロデューサーなのね。それはさうだよね。