読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫館の殺人 <新装改訂版>
 「十角館」から順に讀んでゆき「時計館」がいちばんおもしろいと思つた。わがことながらわからぬのはそこで讀むのをやめたことだ。
 ともあれひさかたぶりの綾辻ミステリになるがとてもたのしめた。小説としてかなりこなれてきてゐる。といつても「十角館」がどんなだつたか、まるで憶えてをらぬ。謎の半分はわかつてしまつたし、のこりの半分は大がかりではあつてもあまり感心しないものであつたが、「時計館」のつぎに好き。