読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンヴァードの阿房宮 世界を変えなかった十三人
 イーフレイム・ブルの隣家にはルイーザ・メイ・オルコットの父が住んでをり、オルコットが引越したあとにはナサニエル・ホーソーンが住んだ。ホーソーンはディーリア・ベーコンの話でも重要な役割をはたす。ほかにポーやエマソンやらがいろんな話に出てくる。このころ合衆國は人口がすくなくて世間がせまかつたのか?
 すべてが轉落の人生なのにたのしく讀めるのは、いたづらに情感にうつたへたりせず、といつて冷淡につきはなしもしない記述のおかげであらう。個人的にはシュドルの普遍言語に魅了された。

 

バンヴァードの阿房宮: 世界を変えなかった十三人

バンヴァードの阿房宮: 世界を変えなかった十三人