読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和元禄落語心中(7)

 

 
チェイス
 主人公のバイクが何度も何度も追ひつかれるのが不審である。よほど遅いのだらうか。ならばむやに餘計な機構をとりつけたために相違ない。ラスト、いきなりダムで追ひつめられてたのもわけがわからない。過程をカットされたのか。