読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君と時計と嘘の塔 第一幕
 非常に恣意的といひますか、話に都合のいいルールが設定されてをり、疑問に感じないではゐられない。SFといふよりファンタジーであり、主人公には魔法あるいは詛ひがかかつてゐると考へたはうがいいかもしれぬ。ストーリーがおもしろければなんでもいいのだらうが。

 

君と時計と嘘の塔 第一幕 (講談社タイガ)
 

 
新世紀未来科学
 クラーク多いな。あとフォワードとかニーヴンとか。さういふ本なのだからしかたないとはいへ、一方でブックガイドでもあるのだからこの偏りはどうなのか。

 

新世紀未来科学

新世紀未来科学