読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謹訳 源氏物語 六
 三の宮が寢取られたり、紫上が死んで生きかへつたり(!)、いろいろ起つてはゐるが散漫な印象。源氏が一歩さがつてほかの人物に焦点があたつた感じである。作者がこれからストーリーをどうもつていきたいのかよくわからぬ。

 

謹訳 源氏物語 六

謹訳 源氏物語 六