読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーングラードの学び舎より(1) いろいろとあぶなつかしいことばづかひ。とくに漢語。 リーングラードの学び舎より 1 (オーバーラップ文庫) 作者: いえこけい 出版社/メーカー: オーバーラップ 発売日: 2015/04/03 メディア: Kindle版 この商品を含むブロ…

わたしのSEX白書 絶頂度 消しの巨大さにおどろく。おまけにR18ですらないR15+。ポルノグラフィとしての實用性がこれであるのだらうか、などと餘計なことを心配する。 わたしのSEX白書 絶頂度 [DVD] 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント 発売日: …

火星夜想曲 前半がおもしろい。後半の戰鬪はすこしくどく感じられた。 この小説を讀んではじめてグレン・ミラーをまともに聽いた。ジェイムズ・スチュアートに似てないことに違和感があるのは「グレン・ミラー物語」を三回も觀たからだらう。 火星夜想曲 (ハ…

オデッセイ ワトニーの饒舌が苦手であつたので原作よりもたのしめたかもしれない。 邦題はまあ、アレですけど。 オデッセイ [Blu-ray] 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 発売日: 2016/11/25 メディア: Blu-ray この…

武州公秘話 おもしろい。はじめ多少とも史實のある話だと思つてしまつた私はまんまと谷崎の騙りにひつかかつたわけだ。 武州公秘話 (中公文庫) 作者: 谷崎潤一郎 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2005/05/25 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 16回…

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 もはやこのシリーズへの思ひいれなどない、はずだつた。だが冒頭、例のロゴがあらはれ例のテーマがながれだしたら不覺にもときめいてしまつた。つづいてファルコン號が登場すればもはやときめきどころかうれしくて笑ひだす…

テンプリズム(11) で結局のところ十番目のプリズムて何なのよ。 テンプリズム 11 (ビッグコミックス) 作者: 曽田正人,瑞木奏加 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/11/30 メディア: コミック この商品を含むブログを見る

胡桃の中の世界 澁澤龍彦的教養をこそ、つまねばならなかつたのだ。だがいまとなつては遅すぎる。來世の課題としよう。 胡桃の中の世界 (河出文庫) 作者: 澁澤龍彦 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2007/01/06 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 7…

ナポレオン フーシェ タレーラン 情念戦争1789-1815 たいへんおもしろい。タレーランやフーシェが怪物すぎてナポレオンが凡庸にみえてくる。 ツヴァイクの小説も「フーシェ革命暦」も「暗黒事件」も讀んだのにフーシェについての知識がほとんどない自分の記…

木根さんの1人でキネマ(1) あつかふ作品があまりおもしろくないなあ。 木根さんの1人でキネマ 1 (ジェッツコミックス) 作者: アサイ 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2015/12/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (12件) を見る

物の本質について ひどい終りかただ。いや未完なのだけれど。 科學的思考でもなんでもないのだが、神なるものを措定しなければこれだけのことを考へられるのかと感心もする。 物の本質について (岩波文庫 青 605-1) 作者: ルクレーティウス,樋口勝彦 出版社/…

宇宙兄弟(21) 宇宙兄弟(21) (モーニングコミックス) 作者: 小山宙哉 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/06/21 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

漢字と日本語 「漢字と日本人」といふ著書があるのにこの書名はどうなの。 漢字と日本語 (講談社現代新書) 作者: 高島俊男 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/04/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

BOX ~箱の中に何かいる~(1) パズルはのこりひとつなのに二卷へ。出口はまだ先なのか。 BOX~箱の中に何かいる~(1) (モーニング KC) 作者: 諸星大二郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/11/22 メディア: コミック この商品を含むブログを見る

リンカーン弁護士(下) とてもおもしろかつたが疑問點もいくつか。アンクレットのトリックにおいて自明とも思はれる可能性を主人公が思ひつきもしないのが不審である。コーリスはなぜあのやうな證言をしたのか。手段よりも動機がわからない。 リンカーン弁…

覇剣の皇姫アルティーナVIII 覇剣の皇姫アルティーナ8<覇剣の皇姫アルティーナ> (ファミ通文庫) 作者: むらさきゆきや 出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン 発売日: 2015/03/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る カンフー・ジャング…

リンカーン弁護士(上) 早川書房が「Michael」を「マイクル」と表記することは承知してゐたが、講談社もさうなのか。 リンカーン弁護士(上) (講談社文庫) 作者: マイクル・コナリー,古沢嘉通 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/06/12 メディア: 文庫 購…

宇宙兄弟(20) 宇宙兄弟(20) (モーニングコミックス) 作者: 小山宙哉 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/02/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

アイアンマン はじめにスーツを作り上げるプロセスがおもしろい。まあ、めちやくちやなんですけどね。 アイアンマン [SPE BEST] [Blu-ray] 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2015/08/28 メディア: Blu-ray この商品を含むブ…

恋愛ラボ(12) もうこれで完結でもよいやうな。 恋愛ラボ(12) (まんがタイムコミックス) 作者: 宮原るり 出版社/メーカー: 芳文社 発売日: 2016/11/07 メディア: コミック この商品を含むブログを見る

グランクレスト戦記(3) 白亜の公子 グランクレスト戦記 3 白亜の公子〈ファンタジア文庫電子応援店限定版〉<グランクレスト戦記> (富士見ファンタジア文庫) 作者: 水野良 出版社/メーカー: KADOKAWA / 富士見書房 発売日: 2014/08/20 メディア: Kindle版 …

喜嶋先生の静かな世界 S&Mと呼ばれるらしいシリーズを一通り讀んが、私は終始Mのはう、つまり萌絵にいらだつてゐた。餘計なことに鼻をつつこんで事態をややこしくしてばかりゐたからだ。いまになつて考へてみると私は犀川先生の言動が讀みたいだけなのだつた…

宇宙兄弟(19) 宇宙兄弟(19) (モーニングコミックス) 作者: 小山宙哉 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/10/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

太陽がいっぱい なんとも奇妙な小説。執筆にいたる動機も想像できないし、讀んでおもしろい理由もよくわからない。 太陽がいっぱい (河出文庫) 作者: パトリシア・ハイスミス 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/05/27 メディア: Kindle版 この商品…

王様の仕立て屋~フィオリ・ディ・ジラソーレ~(1) ジラソーレのメンバーの顏見せ的な。 王様の仕立て屋?フィオリ・ディ・ジラソーレ? 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者: 大河原遁 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/10/19 メディア: Kindle版…

週刊少年ジャンプ47号 「鬼滅の刃」、死ぬな死ぬなと繰りかへされると伊之助が心配になつてくる。ひとりぽつんと取り殘されたコマの心細さよ。

覇剣の皇姫アルティーナ VII ライヴァルに怪我をさせたのが奏效してをりますな。ついつい應援してしまふ。 覇剣の皇姫アルティーナ7 電子DX版<覇剣の皇姫アルティーナ> (ファミ通文庫) 作者: むらさきゆきや 出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン …

逃げるは恥だが役にたつ(8) 逃げるは恥だが役に立つ(8) (Kissコミックス) 作者: 海野つなみ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/10/13 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

鬼滅の刃(3) 鬼滅の刃 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者: 吾峠呼世晴 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/10/04 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 十戒 ひさしぶりの映畫。まこと「ペルソナ5」は映畫の敵でござる。 さて私はデミル作…

アラブが見た十字軍 十字軍の徒輩の蠻行がこれでもかと描かれてゐるかと思ひきや、どちらかといへば受けてたつムスリム側の内輪もめや非效率に重點がおかれてゐる印象である。 アラブが見た十字軍 (ちくま学芸文庫) 作者: アミンマアルーフ,Amin Maalouf,牟…

興亡の世界史 モンゴル帝国と長いその後 興亡の世界史 モンゴル帝国と長いその後 (講談社学術文庫) 作者: 杉山正明 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/04/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る

グランクレスト戦記(2) 常闇の城主、人狼の女王 グランクレスト戦記 2 常闇の城主、人狼の女王<グランクレスト戦記> (富士見ファンタジア文庫) 作者: 水野良 出版社/メーカー: KADOKAWA / 富士見書房 発売日: 2013/12/20 メディア: Kindle版 この商品を含…

ウィトゲンシュタインはこう考えた 哲学的思考の全軌跡1912-1951 もつともわからないのはどうしてかくもわかりにくく書いたかである。前後の文脈を壓縮し、別々のテーマの文章をまぜこぜに配置する意味がわからない。讀者の知性を過大評價したのか、それとも…

3月のライオン(12) 二階堂の出番がそこそこあつたのでよし。 3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス) 作者: 羽海野チカ 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2016/09/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (3件) を見る

鬼滅の刃(2) 善逸(字の意味からするとひどい名ではないか)ははじめから善逸だつた。このときの合格メンバーが登場することになるのかな。あのクールなお姉さんとか。 鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者: 吾峠呼世晴 出版社/メーカー: 集英社 …

四神金赤館銀青館不可能殺人 大じかけがある。だが、それがどういふ效果をねらつて導入されたものかわからない。銀青館の事件だけで讀めるミステリになつてをり、そのうへになぜこんな過剩さが必要なのだらう。 四神金赤館銀青館不可能殺人 (講談社ノベルス)…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンX 堂々たる主人公ぶりである。 この主人公が不在だとひたすら陰慘な話にしかならないことが判明したのでもう長期退場はしないでほしい。 ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンX<天鏡のアルデラミン> (電撃文庫) 作者: 宇…

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 おもしろいまま終つた。ラストのおどろくほどのご都合主義をふきとばすほどに掠風竊塵も殤さまもカッコよかつた。 続篇の制作がきまつたのはよろこばしいが、さうなると死んでしまつて惜しい人物もぞろぞろをりますな。神様…

宇宙兄弟(18) 宇宙兄弟(18) (モーニングコミックス) 作者: 小山宙哉 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/09/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

血と怒りの河 「捜索者」のやうなヘヴィなストーリーにはついてゆけなくなる。でもかういふ話になると甘ちよろく感じる。いい加減なものですな。 ブルーがどうして指揮をとることになつたのか、さつぱりわからない。なぜ村人は諒解したのか? 血と怒りの河 […

ひらがな日本美術史6 ひらがな日本美術史 6 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2004/10/22 メディア: 単行本 クリック: 5回 この商品を含むブログ (11件) を見る

鳥類学者無謀にも恐竜を語る 草食ではなく植食といふのが學問的なのかな。 鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー) 作者: 川上和人 出版社/メーカー: 技術評論社 発売日: 2013/03/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (16件) …

Landreaall(4) Landreaall: 4 (ZERO-SUMコミックス) 作者: おがきちか 出版社/メーカー: 一迅社 発売日: 2012/12/07 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

グランクレスト戦記(1) 虹の魔女シルーカ なかなか世界設定がしつかりしてをる。 グランクレスト戦記 1 虹の魔女シルーカ<グランクレスト戦記> (富士見ファンタジア文庫) 作者: 水野良 出版社/メーカー: KADOKAWA / 富士見書房 発売日: 2013/11/18 メディ…

ベル デアボリカ(4) ベル デアボリカ 4巻 作者: 坂田靖子 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2013/01/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

ローグ・アサシン ストーリーには工夫といふか細工がしてあるが、それが映畫のおもしろさに貢獻してゐるかといふと疑問である。まあ、コンチネンタル・オプみたいなことしてるのかなとは思ひますわな。 それよりも致命的なのはラストのリーとジェイソン・ス…

雪密室 エラリー・クイーンでわからないのは探偵と作者の名がおなじであることだ。ヴァン・ダインはわかる。作者と語り手の名前がおなじだから筋がとほる。ホームズ譚の作者がワトスンであるやうなものだ。よつて有栖川有栖や二階堂黎人もわかる。クイーンは…

ギャンブラー 學生のころ、一度この小説を讀みかけたことがある。試驗前のあるとき、ふと手にとり讀みだしたらおもしろくて止められなくなつた。このままだと破滅すると思ひ、なんとか讀むのをやめたのである。それから幾星霜、やうやく讀破できたもののあの…

<わたし>はどこにあるのか ガザニカ脳科学講義 全體におもしろいが、とくに自由意志のあたりがよい。同時にここがもつともむつかしく、きちんと理解できた自信がない。とりわけ創發といふ概念がわからぬ。私が頭のカタい決定論者であるといふことなのだらう…

シン・ゴジラ さして興味もなかつたがインターネット上でネタバレがどうかうされてゐたので觀る。ネタをバラされたらさぞ不快だらうと思つたからだ。ネタバレ厨であることも勞苦がたえぬ。でもこのストーリーのなにがネタバラされて困るのかね? 私はそれほ…