容疑者 なんだか「逆転裁判」のやうなムチャな展開ですな。 本格的な法廷ものを期待したがかなはず。 容疑者 [VHS] 出版社/メーカー: RCAコロンビア・ピクチャーズ・ビデオ 発売日: 1988/11/21 メディア: VHS この商品を含むブログを見る

ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪 あとで前作があると知る。 狄仁傑はふつう「てきじんけつ」と呼ばれるのだからカタカナでディーなどと呼ばなくてもよからうに。 ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪 [DVD] 出版社/メーカー: パラマウント 発売日:…

青春兵器ナンバーワン(1) 毎週毎週きちんとおもしろいので應援せねば、と。 青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者: 長谷川智広 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/02/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

鬼滅の刃(8) ビキビキしてるしのぶさんの繪あり。需要をわかつてらつしやる。 鬼滅の刃 8 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者: 吾峠呼世晴 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/10/04 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

予告探偵 木塚家の謎 非常に壯大といふかキテレツなしかけがあるのだけれど、それぞれの短篇への效果をかんがへると牛刀でもつて鶏をさいてるやうに思はれぬでもない。おもしろかつたからいいけどさ。 予告探偵 - 木塚家の謎 (中公文庫) 作者: 太田忠司 出版…

3月のライオン(13) バチダンつて音は「ハチワンダイバー」でもしてゐた。もしかしてほんたうにそんな音がするのですか。 3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス) 作者: 羽海野チカ 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2017/09/29 メディア: Kindle版 …

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル シリーズで一番たのしめた。「ローグ・ネイション」はまだ觀てないけれど。 チームがそれぞれ機能してゐるし、危機のスケールがでかいからサスペンスもそれに比例する。 監督のブラッド・バードは「アイア…

少年サンデー 「MAJOR 2nd」は前作よりおもしろいのではないか。 主人公に才能がないので工夫するところがよい。 ドラゴンクエスト11 “メダル女学院”といふ異樣な發想に感銘をうけたところ。

ドリーマーズ ヘンドリックスにはじまり、キートンやチャップリンやアステアなど數々の引用に頭がくらくらして、ヘンドリックスでをはる。 チャップリンに對するキートンの優位は、クラプトンに對するヘンドリックスの優位とパラレルなのである、のか? ドリ…

おおきく振りかぶって(28) 前にも書いた氣もするがこの作品は練習のはうがおもしろい。だから練習はいくらでもみつちり描いてよいから、試合はもうすこしあつさりとすませればいいと思ふのだ。 おおきく振りかぶって(28) (アフタヌーンKC) 作者: ひぐちア…

予告探偵 西郷家の謎 これまた大じかけの謎があきらかにされたときに、ああさうなのとしか思はれないのがどうも。おもしろく讀めたし、探偵もわるくないが。 予告探偵―西郷家の謎 (中公文庫) 作者: 太田忠司 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2010/12/…

ザ・ファブル(3) やはりつづきが氣になる。 ザ・ファブル(3) (ヤングマガジンコミックス) 作者: 南勝久 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/10/06 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

週刊少年ジャンプ 画太郎先生の新連載がほんたうにはじまると思つた純眞な私に乾杯。

高台家の人々(6) 弟妹の話はもつとつづくかと思つた。 高台家の人々 6 (マーガレットコミックスDIGITAL) 作者: 森本梢子 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/08/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 戦争のはらわた 戦争のはらわた≪最終…

東尋坊マジック 一方の事件を搜査してゐてもう一方の事件の犯人に逢着してしまふ偶然には得心がゆかぬ。 交換殺人といふのはそれぞれの殺人が無關係であるやうに見えなければならない。なのに、おなじ銃をつかふのはもつと納得がゆかぬ。交換殺人の意味を薄…

恋愛ラボ(13) 恋愛ラボ(13) (まんがタイムコミックス) 作者: 宮原るり 出版社/メーカー: 芳文社 発売日: 2017/09/07 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 図書館の魔女 烏の伝言(下) ああこれは「鉄鼠の檻」ですな。いやぜんぜんちがふけど、…

ザ・ファブル(2) なんかつづきが氣になつてしまふなあ。 ザ・ファブル(2) (ヤングマガジンコミックス) 作者: 南勝久 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/07/06 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

アンストッパブル 思つたよりずつとおもしろかつた。ラストでなぜウィルが乘り込まないといけないのかわからなかつた。ほかのメンバーを用意しておくものだらう。だが、それ以外はただただたのしめた。 字幕で速度をメートル法に換算してゐたがメーターの表…

モンティ・パイソンができるまで―ジョン・クリーズ自伝― 「できるまで」であるからグレアム・チャップマンをのぞいてパイソンズの出番はほとんどない。だが、なかなか興味深い。 チーズのコントを書いてるときのチャップマンがいいですな。 モンティ・パイソ…

パンドラの少女 パンドラの少女 作者: M・R・ケアリー 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2016/04/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (6件) を見る 図書館の魔女 烏の伝言(上) 前作の人物は出ないのかとそはそはしつつ讀んでゐたがいつの間…

ザ・ファブル(1) ザ・ファブル(1) (ヤングマガジンコミックス) 作者: 南勝久 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/04/06 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years この映畫が公開されたこ…

週刊少年チャンピオン 「AIの遺電子」がをはつてしまつた。いやべつの雜誌に移つたんだけど、唐突なのでおどろいた。もしや終盤なのではとは思つてゐたにしても。 つづきはコミックスで讀むかなあ。

弁護側の証人 眞相があきらかにされたとき、はたと膝をうつといふより困惑した。何度も讀みかへしたあげく、ミスプリントまで疑つた。まんまとだまされたわけだが、どうも心地よい驚きではなかつた。いや、おもしろかつたのだけれど。 小泉喜美子の小説を讀…

疫病と世界史(下) 「銃・病原菌・鉄」よりインパクトがあつたかもしれぬ。今後この觀點をもたぬ歴史を讀んでも信用できないかも、いや、感化されすぎかな? 疫病と世界史 下 (中公文庫 マ 10-2) 作者: ウィリアム・H.マクニール,William H. McNeill,佐々木…

ダンジョン飯(5) 魔法のディテール描寫がすばらしい。 ダンジョン飯 5巻 (HARTA COMIX) 作者: 九井諒子 出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン 発売日: 2017/08/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (6件) を見る

猫俳句パラダイス ただでさへ猫の俳句は抑制が效きづらいのに解説文まで甘々なのはどうなのか。 猫俳句パラダイス (幻冬舎新書) 作者: 倉阪鬼一郎 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/01/28 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 疫病と世界史(上…

ジュラシック・ワールド 何度も何度も問題をおこしてよく營業できるなあ。 雜な脚本だがラプトルがかはいいのでゆるさう。 ジュラシック・ワールド [Blu-ray] 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 発売日: 2016/10/05 メディア: B…

<仏教3.0>を哲学する 〈仏教3.0〉を哲学する 作者: 藤田一照,永井均,山下良道 出版社/メーカー: 春秋社 発売日: 2016/09/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る

鬼滅の刃(7) 鬼滅の刃 7 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者: 吾峠呼世晴 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/08/04 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

フロスト始末(下) 最近とみに讀む速度も量もおとろへてきてゐるがさすがにフロスト、一氣に讀ませる。 スキナーの運命にはおどろいた。 フロスト始末〈下〉 (創元推理文庫) 作者: R・D・ウィングフィールド,芹澤恵 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 20…