教養としての認知科学
 氣持ちよくケーモーしてくれる。
 ブックガイドの充實もよし。

 

教養としての認知科学

教養としての認知科学

 

 

1/2の騎士
 「まっぷたつの子爵」と「不在の騎士」を足して二で割つたやうな、などと考へつつ讀む。
 どうも不滿を感じ、その正體をさぐつてゐたのだが、謎とその解決のストーリーにおける重みに問題があるのではないか。問題はないかもしれぬが、好みからははづれてをる。ミステリは謎の物語であり、謎が解決したらもうすべてめでたしでいいのである。でもこの小説ではなんとなく謎はクリアされるが、その後も話がつづいてゆく。謎のあつかひが輕い。ストーリーのだしでしかない。
 もうひとつ。主人公がサファイアをいいやうに使つてるのが不快である。
 もうひとつ、サファイアの存在は氣にならないが、犯罪の標的が主人公の關係者ばかりであるのは飲みこみがたい。あまりに不自然ではないか。

 

1/2の騎士 (講談社文庫)

1/2の騎士 (講談社文庫)

 

 
サイレント・ランニング
 あの宇宙船團は何をしにどこへ向つてゐるのか。地球上で植物を保持できなくなつたのだとして、それをどこかにある地球型の惑星にでももつてゆくところなのか? だが宇宙船で植物を育ててゆけるなら月でも宇宙空間上でもどこでもいい氣がする。
 ドームを切り離してしまつた他の宇宙船はあれからどこへゆくつもりなのか。なんでもどつて(?)きたのか。植物はついでで、ほかに用事があつたのか。
 ロボットはけなげで愛らしい。

 

 

巨神兵東京に現わる 劇場版
 「シン・ゴジラ」でゴジラがいちばんの大暴れをするところを低予算で撮つたみたいな。

カサンドラ・クロス
 感染パニックものかと思ひきや、暴走列車であつた。龍頭蛇尾といふか、ミョーな按配である。クライマックスも無辜の民があまりに死ぬのでスカッとしない。エンタテインメントの結末としてこれはアリなのか。
 リチャード・ハリスソフィア・ローレンバート・ランカスターアリダ・ヴァリエヴァ・ガードナーといふメンツもただならない。マーティン・シーンがただの小僧でしかない。私はエヴァ・ガードナーがけつこう好きなのでかういふ役を見ると複雜である。キューカーの「青い鳥」を觀たときもさう思つたかな。

 

 

 ダ・ヴィンチ八月號を買つてきた。
 川原泉特輯とあれば是非もない。キャラ紹介に桜井敦子や穴田アナがゐるのがにくい。愛を感じますね。そしてカーリングもの、讀みたい。

 

ダ・ヴィンチ 2017年8月号

ダ・ヴィンチ 2017年8月号

 

 

響きの科学 名曲の秘密から絶対音感まで
 讀んでゐて「火星の人」のマーク・ワトニーを思ひだした。文章に必要以上にジョークをねぢこんでくる點において、この著者とワトニーは共通してゐる。

 

響きの科学―名曲の秘密から絶対音感まで (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

響きの科学―名曲の秘密から絶対音感まで (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

 

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門

 

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門 (幻冬舎新書)

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門 (幻冬舎新書)