伽藍堂の殺人 Banach-Tarski Paradox
 おもしろくないわけではないのだが、例の牛刀問題がまたもちあがる。
 ここまで大がかりのことするなら、そら何でもできるわなと思つてしまふわけですよ。
 あるいは問題はヒントの出しかたが十分でないことのはうにあるのかもしれない。一點をしめされてああさうかとすべてが明らかになる鮮やかさがない。

 

伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~ (講談社文庫)

伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~ (講談社文庫)

 

 

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー
 「マイティ・ソー」よりも脚本がしつかりしてゐた印章。
 筋力がつよいだけのひとなわけで、今後ほかの連中と伍してやつてゆけるのか心配にはなる。

 

 

新婚よそじのメシ事情(2)
 この卷もおもしろい。仲がよささうで結構なことだ。
 小坂氏の過剩ななうしろめたさの感情が異樣である。

 

 

いつもそばには本があった。

 

いつもそばには本があった。 (講談社選書メチエ)
 

 

ギャラクシー・クエスト
 いやあ、おもしろかつた。シガニー・ウィーヴァーやアラン・リックマンがよい。
 好みのシーンはファンの知識を借りるところ。

 

ギャラクシー★クエスト [DVD]

ギャラクシー★クエスト [DVD]

 

 

探偵小説の黄金時代
 セイヤーズもバークリーもクリスティも好きだが、作品を愛好してゐるだけであつて作者に興味があるわけではない。そんなことは讀むまへからわかつてゐたのに讀みはじめてから氣づくあたり迂闊である。
 實驗的であつたり、社會性をもつてたりする作品を過度に評價してゐるのが氣になる。黄金時代にはさうした作品がないといふ批判に應ずるものなのだらうが、さうした考慮がされてない作品がたくさん書かれたからこそ黄金時代なのではないのか。

 

探偵小説の黄金時代

探偵小説の黄金時代

 

 

マイティ・ソー
 ソーの改心と成長をもつと説得的に描かないからうすつぺらなストーリーになる。
 神話世界きつての曲者ロキをあんなつまらないキャラにしてしまふとは。

 

 

武家屋敷の殺人
 やりすぎなのが問題なのではなく、人物の行動があまりに不自然なのが容認しがたいのだ。

 

武家屋敷の殺人 (講談社文庫)

武家屋敷の殺人 (講談社文庫)