鍵のかかった部屋
 土性骨シリーズが一番すきかもしれぬ。

 

鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋

 

 

マグネット島通信(1)
 まだ導入部といふ感じ。

 

マグネット島通信 1巻 (バンチコミックス)

マグネット島通信 1巻 (バンチコミックス)

 

 

りゅうおうのおしごと!5
 これまでの對戰シーンはたのしめたが、最大の決戰であるはずの今回はノれなかつた。
 作者の抑制がきかず上滑りになり、こちらがしらけた感じであらうか。

 

 

エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に
 かういふ青春ものは好みではないのだがこの作品はたのしめた。
 ヒロインのゾーイ・ドゥイッチもよい。エンドロールの歌もよい。

 

 

キマイラの新しい城
 冒頭の「ふたりのマイクル」への獻辭をみて、(なぜか)すかさずひとりをムアコックと感得した。もう一方はイネスだか何だかわからぬ。ともあれさういふ次第で「パン・タン」はエルリック、「ルーンスタッフ」はホークムーン由來とわかる。「トキオーンを求めて」は「タネローンを求めて」なのも「嵐を呼ぶ剣」が「ストームブリンガー」なのも卷末をみるまでもなく悟つた。だがそれでは「幻獣の塔」とは何だらう。これも書名でないとをかしい氣がするが。コルムものも三册のみリストアップされてるのも不審だ。
 ふりかへるとミステリとしてはけつこう弱い。しかし讀んでゐるときにはまつたく氣にならなかつた。このシリーズのつづきが讀めないのはつくづく無念である。
 そしてこの作品がすきなのは、妙な人物がカーを愛好してをり、妙な人物がヴォネガットを引用し、妙な人物が「アーサー王の死」や「ロランの歌」にあこがれてゐるところなのだ。あと探偵がトマスを云々するところ。

 

キマイラの新しい城 (講談社文庫)

キマイラの新しい城 (講談社文庫)

 

 

じけんじゃけん!(1)

 

じけんじゃけん! 1 (ヤングアニマルコミックス)

じけんじゃけん! 1 (ヤングアニマルコミックス)

 

 

共和制の樹立 小説フランス革命(12)
 いよいよ血なまぐさくなつてまゐりました。